レンタルオフィスで登記可能なので歴史教科書の問題を考える時間ができた

知人に、レンタルオフィスで登記可能ということを聞き、実際に登記可能なのかを調べ、
さっそく登記を済ませたあと、日本における歴史教科書の問題について、
レンタルオフィスで考えてみました。
歴史認識というのは、各国違いがあるものだけど、
実際に起こったことは事実に基づいて教育するべきものだし、
次世代を担う子供に、諸外国の主張をそのまま載せた歴史教科書を使った
教育をすることは、間違っているのではないかと考えています。
歴史教科書は、諸外国の主張に基づく歴史の掲載よりも、
戦中戦後の出来事を始めとする自分の国の歴史、史実、事実をきっちりと教える役目を
果たすべきではないかと思います。
それをして、近隣の国に意見を言われても、事実を書いたものであれば、
何ら問題ないのではないかとそんなことをふと考えていました。

ホワイトボードには歴史教科書の問題について書かれていた

ホワイトボードの販売をしているので、
他の人がホワイトボードに書き込んでいる内容というのはいつも気になってしまうのですが、
先日歴史教科書の問題について書かれているのを目にしてなるほどという
感想をいだきました。
歴史教科書については度々問題になり、
その度に議論がなされますが結局結論が出ないものです。
過去を正しく伝えればそれでいいだけの話ですが、
近代ですら何が正しくて何が間違っているのかというのははっきりしない部分がありますから、
それを考えると問題が発生するというのは全くおかしなものではないと感じます。
事実を正確にと言うのは案外難しいものであり、見る人の立場によって
事実が変わるということがありますから、
その辺に歴史教科書の問題の原因があるような気がします。