歴史認識

歴史認識とは何なのかwikiによると

歴史認識(れきしにんしき)とは、歴史に関する認識、歴史観の こと。狭義では、ある歴史観を持つものが、歴史上のある事象をその歴史観で理解・解釈することであり、広義には歴史そのものに対する認識を指す。広義の歴 史認識は歴史観とほぼ同義であり、また現在では前者の意味で使われることが多いため、この項では特に歴史上の事象に対する理解・解釈としての歴史認識を解 説する。

との事。

って事は、それぞれ各国で認識の違いがあってしかるべきなのだが、
昨今の竹島、尖閣問題。
二国間で解決するのは難しいように感じる。
認識の違いというのは、それぞれの利害などが入っての認識になってしまうのだから
当たり前かと思う。
そうなってくると第3者によって、どこの歴史を使って認識するのが妥当なのか
ジャッジしてもらう必要があると思う。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です